Home > 映画 Archive

映画 Archive

「この世界の片隅に」

  • Posted by: 姫神信乃
  • 2016年11月16日 11:15
  • 映画


先日見てきましたよ!
本当に、本当に素晴らしい作品でした!
今年見た映画で一番です!
片淵さんの前作マイマイ新子で惚れ込んでずっと完成を待ってた甲斐がありました!
先入観を持たぬようあえて原作は読まずに鑑賞させていただきましたが、それでも監督の原作に対する熱い思いが感じられました。
さっそく原作も読ませていただこうと思っております。
古い映画ですが、小津安二郎監督の「東京物語」のような作風で、戦時中ではあれどそこでの登場人物たちの何気ない生活とそこから溢れるヒューマニズムが本当によくって、見た後に幸せな気分になれる映画でした。
この感動の仕方は、僕がこの世で最も好きな映画である黒澤明監督の「赤ひげ」を鑑賞したときと同じもので、墓まで持っていきたい作品の一つとなりましたね。
物語だけではなく、アニメーションとしても様々な実験的表現が使われていて音響も含め、劇場でこそ真価を感じられる作品だと思いますので、興味を持たれた方は是非とも劇場に足を運んでみてください!
決して後悔はしませんよ!

ただここまで書いておいてなんですが、見る際には評判とか期待とかは頭からかなぐり捨てて真っ白な状態であるがままを体験してほしいですね。


いやぁ、ここ最近は今一歩な映画ばかり引いてきたような気がしますが今回は120点超え大当たりでしたねぇ。
また折を見て見に行こうと思います。

アメイジング・スパイダーマン

  • Posted by: 姫神信乃
  • 2012年7月 8日 20:42
  • 映画

観てきました。
ライミ版がノスタルジックなシルバーエイジっぽい世界観だったのに対し、今回はかなり現代的でダークな仕上がりです。
っていってもスパイディの"軽さ"は健在で楽しく観れます。
グウェンがヒロインだったり(原作では死んでMJと結婚)、クモ糸発射装置ウェブシューターを装着してたりと結構当時の原作寄りの
内容ともなってます。変わってる部分も結構ありますがw
敵のリザードもケレン味があってよかったですし、リブートに相応しい丁寧な誕生譚として、ピーターがヒーローに目覚める描写も丁寧に作られてて好感が持てました。
ただ、ちょっと荒削りな部分も垣間見えたのが残念でした。
でも、それを差し引いても良い娯楽映画です!ライミ版より好きかもしれません!(あっちも好きですが)
デートムービーとしても行けますよ!そこの兄さん!是非御覧になってくださいね!
あとマーベルでは毎度のことですが、原作者のスタン・リー(黒眼鏡の白髭おじいちゃん)が今回も出演してます!
是非探してみて下さいね!

リブートバットマンにキラー・クロック出たらリザードと比べられそうだなwと思った今日この頃でした。

Index of all entries

Home > 映画 Archive

Feeds
Search

Return to page top